パスポートの代理申請について。パスポートの申請は代理人でも可能ですが、受領は必ず本人が窓口に行く必要があります。

パスポートの代理申請 申請書の代理提出

パスポートの代理申請について

パスポートの受領について。パスポートの申請は代理人でも可能ですが、受領は必ず本人が窓口に行く必要があります。

申請者が配偶者や親族の場合

申請者が本人以外でも書類の提出、申請は可能です。
配偶者、二親等以内の親族、その代理人に依頼して申請書を提出することが出来ます。
申請書には、申請者本人が記入しなければならない事項がありますので、事前に一般旅券発給申請書を窓口にもらいに行く必要があります。
これに本人記入の上、パスポート申請に必要な書類とともに各都道府県の旅券申請窓口に提出することとなります。

申請者ご本人が記入する事項

  • 所持人自署
    (一般旅券発給申請書の表面「写真貼付」欄の下)
  • 申請者署名
    (申請書裏面「外務大臣殿……一般旅券の発給(又は訂正、査証欄の増補)を申請します。」の下)
  • 代理人に申請書等提出を委任する場合、「申請書類等提出委任申出書」の申請者記入欄

代理人の本人確認書類

代理人の本人確認書類が必要となります。
忘れずに持参しましょう。

代理人による提出が認められない場合

代理人による提出が認められない場合もあります。

次の場合には代理申請ができませんので、申請者ご本人が直接窓口に出向く必要があります。

申請書の「刑罰等関係」欄に該当する事項がある場合

  • 有効なパスポートの紛失・盗難・消失の届出、及びこれを伴う新規発給申請を行う場合
  • 外国における災害や事故等により被害者等の親族や関係者が緊急に渡航する場合
  • 居所申請する場合
  • 海外から一時帰国中に申請する場合
  • 対立地域への渡航等により旅券の二重発給を受けようとする場合
  • 申請書の記載内容に疑義があり、申請者から直接説明を受ける必要があると認められる場合

詳しくは各都道府県旅券窓口にご相談下さい。
また、代理人による申請書提出を行った際、都道府県旅券申請窓口において、申請者本人による確認を求められる場合には、申請者本人が窓口に出向くようにして下さい。



パスポートの申請に関するメニュー

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional