パスポートの申請から取得方法、更新や写真について、パスポートの基礎知識から東全国のパスポート申請場所についてもご紹介しています。

パスポート申請 記入例

パスポート申請 記入例

パスポートの申請は都道府県の旅券窓口もしくはパスポートセンターに申請します

都道府県の旅券窓口もしくはパスポートセンターで

一般旅券発給申請書を窓口から受け取り記入します。

一般旅券発給申請書の記入注意点。

  • 申請書は10年用と5年用があります。
  • 記入ミスをした場合は、二本線で消して訂正してください。
  • 所持人自署欄は訂正できません。
  • 黒インクまたは黒のボールペンで、所定の枠内に記入してください。
  • 申請書は機械で読み取りますので、折り曲げたり汚したりしないでください。

<<訂正印の必要な箇所>>
(おもて面)刑罰等関係、
(裏面)申請者署名、法定代理人署名、親族又は指定した者を通ずる申請書類等提出申出書
上記以外の箇所は訂正印は必要ありません。二本線で消して訂正してください。
なお、
(おもて面)所持人自署は訂正ができませんので、書き直しになります。

一般旅券発給申請書の記入例

その場に、記入例がありますので、そちらを見てご記入なされば難しい事はありません。心配な方のために、記入例を紹介しておきます。

  • 所持人自署について 
所持人自署

所持人自署欄を書き誤ったり、上からなぞったりした場合は新しい申請書に書き直してください。 この署名はそのまま旅券に転写されます。

必ず申請者本人が枠内に署名してください

小学生以上の人は、必ず本人が日本字またはローマ字で署名してください。(漢字で署名できない場合はひらがなで署名してください。)
点線から上に一行で署名してください。  

  • 所持人代筆について 

乳幼児で本人が署名できない場合は、点線より上の枠内に親権者が申請者の名前を代筆し、 例のように点線から下に記入者の氏名及び申請者との関係を記入してください。

日本語の場合、母の名前(母)代筆
英語の場合、 by H.HAHA(Mother)

代筆の場合、裏面の申請者署名の欄にも同じように代筆であることを加筆する必要があります。



パスポートの申請に関するメニュー

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional